台南の甘さ ‧ ギフトボックス


甘〜い台南の幸せをあなたにお届けする

芯安鮮果|台南甜|台南伴手禮選品計畫

台南は文化と歴史が豊富な古都だけではありません。

食文化の上では、台湾の他の地域とはまた異なります。

他の地域の人からはよく笑われるのですが、台南の味付けは甘めなのです。

多分これは台南が日本の統治時代の製糖産業の影響だと思います。

あるいは、清王朝時代に受け継がれた大陸からの移民の調理習慣と関係があるのか​​もしれません。

じっくり味わうと、この甘さは味だけの甘さではないのです。

台南の生活のペース、人情など、それら全てが台南のあたたかい甘い心の象徴なのです。

よく言われる事なのですが、「台南で棒を持って、それを空中でぐるっと回したら綿菓子が出来てしまう」というジョークさえもあるのです。


コロナウイルスの影響で簡単に交流できない今

台南の美味しさを通して、台南の「甘さ」を一緒に味わいましょう。

義豐イーフェン冬瓜茶

創業109年

初代創始者「林煌リンファン」は大正時代(1912年)の日本統治時代の初年に義豐イーフェン冬瓜工場を設立し、義豐は以前に経営していた米屋の名前を引き継いでいます。冬瓜レンガの生産と1980年代に売り始めました。

4代目の子孫林科川リンケチュアンは冬瓜茶飲料の販売に変わっていき、義豐イーフェン冬瓜工場に新しい道を開き、継続していきました。

台南に旅行した気分で、暑い日に冷えた飲み物「義豐イーフェン冬瓜茶」はいかがでしょうか。ついてに冬瓜レンガを数枚入れて、ご自宅にいながら100年前の台南の美味しさをお楽しみいただけるのです。

-

常温保存5日,冷蔵保存30日

受け取ってからすぐにお食べにならない場合には、冷蔵庫で保管して下さい。


冬瓜茶磚の煮え方

冬瓜茶磚と水の比率1:100


1.冬瓜茶磚を水に入れて一緒に沸騰させます


2.冬瓜茶磚を水に完全に溶けて、水が沸騰した、また2〜3分煮ます


3.火を止めた後、冬瓜茶を冷まします


飲みない場合には、冷蔵庫で保管して下さい。

萬川號(ワンチュアンハァウ)

創業140年以上

萬川號(ワンチュアンハァウ)は清王朝の第10代皇帝の同治帝代の10年(1871年)に創立されました。

これまでの140年間に漢式と台湾式のデザートを専門として、一つ一つ丁寧に手作りで営業してきました。有名な台南デザートは緑豆ケーキ(綠豆糕、鳳片糕(フォンピェンガウ)など、いろいろなグルメ スィーツがありますが、その中でも肉まんが特に有名です。肉まんは台湾人にとっては人気のある朝食なんです。

-

常温保存7

椪餅-伝統的な食べ方

また「椪餅」は「香餅」とも呼ばれ、それは台南の伝統的なおやつであり、台南の女性が産後1か月間の養生のために食べるおやつでもあり「月内餅」とも呼ばれています。

直接食べる以外、パイに穴を開けて卵を入れ、ゴマ油でゆっくりと炒め、完全に火を通してから食べるのか特徴の台南のおやつです!

川庭屋(チュアンティンウー

創業70年

緑豆のケーキや塩味のお菓子は台南のお寺でよく見かけるお供えのお菓子です。米粉、麦芽、砂糖、ごま、緑豆粉から作られていて、その甘味は台湾茶ぴったりです。

-

常温保存5日

章成麥芽餅(チョウセイ麦芽餅)

創業21

創業者は父親の技術を継承し、無香料、天然な風味の麦芽糖を作りました。

台南は昔から主要な砂糖産業の街で、一般的に台南料理は甘味がある事で有名です。

麦芽糖は台南人にとって人気の一品なのです。

-

常温保存5日,冷蔵保存30日

受け取ってからすぐにお食べにならない場合には、冷蔵庫で保管して下さい。

進福大灣落花生飴

(ジンフゥダワン落花生飴屋)

創業100

台南大湾落花生糖は広く知られています。台南の観光スポット「広護宮」に囲まれた場所では、多くの有名な落花生飴屋が出店していて大盛況です。台湾では落花生飴屋がは沢山あるのですが、中でもこの大湾(ダワン)の「ピーナッツロール」は格別の美味しさなのです。

-

常温保存5日,冷蔵保存30日

受け取ってからすぐにお食べにならない場合には、冷蔵庫で保管して下さい。

永泰興蜜餞(ヨンタイシン蜜漬け屋)

創業130年以上(清朝の第10代皇帝時代)

ひょうたん型のレトロな商標はとても風雅で、それは清王朝政府によって

公式に認められた優れた商品の証です。100年前に創始者の「林蔭(リン・イン)」は故郷に伝わる方法で

フルーツを蜜に漬けはじめました。漬け方は10通りもあり、なんと70種類もの味があるのです。この代々受け継がれてきた方法は、台南だけの特有な甘酸っぱい味なのです。

-

常温保存60

連德堂煎餅(リアンデタンせんべい)

創業110

四世代にわたって受け継がれてきた連徳堂煎餅は大正末期(1911)に「蔡清連カイチンリアン」と「蔡清得カイチンデ」兄弟によって創立され、兄弟の名前から店名がつけられました。連徳堂煎餅の技術は日本の洋菓子職人から習得しました。原材料は卵、牛乳、砂糖のみです。鉄板の型に牛乳を注ぎ浸し、加熱し、水を一切加えない事を守っています。このこだわりは

香り高い、厚みやバリバリ感のある美味しさの秘密なのです。職人達の巧みな技術のもとで伝えたいのは、この台南人の人情味あるあたたかさなのです。

ps 煎餅の上の英語は第二次世界大戦後、台湾に駐留した米軍のためにデザインされたものです。

お一人様1日に2パックまでとお願いしております!

-

常温保存30

益生堂(イセイドウ)

創業140年以上

益生堂は100年以上歴史のある漢方薬屋で、清王朝の第11代皇帝の光緒時代(1882)に創立されました。

当時の安平(アンピン 台南市の市轄区)では最初の漢方薬屋でした。それまでは苦い漢方薬を子供達が飲みやすいように、サンザシの実、梅のお菓子、甘草の粉末等の甘酸っぱい味のスィーツもいくつかの漢方薬とともに用意されていました。

その後、第3世代の子孫たちは大胆な発想を考え出し、先祖蜜漬けフルーツが代々の処方の漢方薬を蜜漬けにすることにより、特別な漢方薬味の蜜漬けフルーツを誕生させたのです。そしてこの漢方薬風味の蜜漬けの予想外の美味しさは、今に受け継がれているのです。

-

常温保存60


芯安鮮果

― 台湾フルーツ専門店 

台湾の特徴的な果物や有名なお土産と一緒に、海外のお友達や親戚にあなたの心を届けましょう。

私たちは初めて台湾の優良品質の農産物を世界の皆様に広げていきたいと思っています。そのため従来の貿易と輸出業務に加えて、芯安鮮果では新しく海外直送による国際宅配プロジェクトを立ち上げました。

台湾地産の美味しい果物を海外のお客様に最短でお届けするために、国際宅急便による、台湾から香港/シンガポール/日本/韓国への直送システムを構築しました。

芯安鮮果から海外の親戚や友人への贈り物として品質が良いフルーツを見つけ、故郷の味を外国にいても味わえるようお手伝い出来たらと願っております。

芯安鮮果は、海外からの方に産地から直送の美味しさを楽しんでいただけるように努力してまいります。

台南の甘さ

ギフトボック

ドライフルーツ

ギフトボックス